【型紙配付中】Snow Peakシェラカップハンドルカバーをレザーで自作

【型紙配付中】Snow Peakシェラカップハンドルカバーをレザーで自作
2018年6月24日

キャンプに行けず、レザークラフトで気を紛らわす日々が続いてます。

今回は、Snow Peakのシェラカップカバーのカバーを作成して見ました。

かがり縫いを施したカバーを考えていたのですが、レザー紐を切らしてしまったため、縫う必要がないカバーを作成してみました。

型紙も配布しているためよろしければお使いください。

 

型紙のダウンロード

Snow Peakシェラカップハンドルカバー PDFファイル

制作過程紹介

型紙の作成

CADが使えないため、illustratorで作成します。

家のプリンタはA4までなので、作成する型紙の長辺310mmには印刷領域が足りません。途中は省略することにします。

なお、ご自身で作成される場合は、好みの長さで作成してください。

レザーの切り出し

ハンドルに編み込みやすいよう、できる限り薄くて柔らかいレザーを選びます。

昔に買った薄い馬革が余ってたので、利用して見ました。

切り出したレザーはこんな感じ。

レザーの編み込み

では、実際に編み込んで行きます。と言っても作業自体は簡単です。

最初に、レザーに入れた切れ込みにハンドルを差し込み、

半分に折って、左右に編み込んでいくだけ。

最後は、一つ前の網目に余った紐を差込んで完成。

まとめ

縫う必要がなく、カッターのみで作成可能なため、レザークラフトの入門にちょうど良い題材だと思います。

今回は、SnowPeakに合うように作成しましたが、ハンドルの最大横幅が30mm以下であれば、流用できるかもしれません。

完成した感想ですが、見た目もかっこよく気に入ってます。ただ、問題点が2つ。

  1. このまま火にかけても大丈夫なのか?
  2. 洗う時どうしよう…(安いレザーだから、最悪破棄してもいいけど…)

まぁ、実際にキャンプデビューさせて見ないと答えが出ないわけで…

早く次のキャンプに行きたいなぁ…

記事で紹介した商品