ペグハンマー用フィンガーストラップをレザークラフト

ペグハンマー用フィンガーストラップをレザークラフト
2018年5月20日

レザークラフトから離れてもう2年以上経ちました。

やっと少しずつ生活が落ち着いてきたので、レザークラフトを再開することに。

というかこのブログ自体レザークラフトの記録も残すために作ったんですけどね。

1からの再出発として、まずは小物でいいものないかなと探していたところ、Instagramでかっこいいハンマーストラップを発見!

早速作って見ることにしました。

 

参考にした作品

 

友(トモ)さん(@omahadday)がシェアした投稿


omahadday様のフィンガーストラップハンマーです。一目惚れでしたので、真似して見ることにします。

(実は完成後、ご本人様からコメントをいただけました!正直嬉しかった。)

完成品がこちら

家にあったイタリア製のヌメ革の歯切れと真鍮製のボルト。真鍮製の2重リングがなかったので適当なもので代用。皮が伸びないようにナイロンベルトのみ購入してきました。

いつも小物は型紙無しで製作し、反省点を生かして型紙に起こして作り直すため、今回も同様の手順で。
なので、完成品というより試作品ですね。

そんな振り返りですが、サイズ感もぴったりで実用にも問題ない作品に仕上がりました。

初めてハンマーでフィンガーストラップを使ってみましたが、非常に使いやすい。先駆者様に敬意を。

ただ、自分が作ったものは細かなところが荒過ぎます。型紙に起こした後、作り直しは必須です(実用できるものができちゃったので、いつになるかわかりませんがw)。

次回作り直すときの修正点

  1. ボルトの長さが足りなかった。ボルトを大きくするか、レザーの厚みをもう少し薄くするべき。
  2. 真鍮製の2重リングは用意する。
  3. 糸は白じゃなく生成りかベージュがいい。
  4. コバの磨き方をもう一度勉強し直せ。

まとめ

レザークラフトはやっぱり楽しいですね。キャンプが趣味になった今、作りたいキャンプギアも多いためさらに楽しいものになりそうです。

ただ道具も放置状態だったため、刃物系は手入れしないとダメな状態でした。

道具をメンテしつつ、昔のハギレで練習を続けて行きます。オリジナルのキャンプギアが作れるようになるまで頑張ろうと思います。